まだ東京でコミュ症発揮してんの?

田舎で最強のコミュ力を身につけるまでの話

【尾崎豊】パンク・エモスクリーモに傾倒の10代→尾崎豊にハマりだした20代前半。

 

厨二病まっさかりの学生時代、もちろん好きだったのだが、

「俺はちょっとお前らとはちがうねんで」感を出したいがために、ついつい洋楽とか聴きがちだったぼくです。

 

 

 

やっぱり当時は、モテたいし目立ちたかったんですよ。

 

 

 

そんなんでバンドも組んで、パンク系の「アー」「ギャー」など何語ともつかぬ言語で歌っていたなぁ。

 

それが一転、20代前半も終わりにさしかかっている今日この頃、

尾崎豊にハマってしまったんですよ!!!

 

 

 

キッカケは、別にそんなに好きでもないEXILE・ATSUSHIがテレビが歌っていた『Oh my little』by 尾崎豊。歌い方がキレイすぎ~なんだが……とにかく曲がめっちゃイイ!!

ブラウン管越しに、耳をそばだててしまったのだ。

 

 

いても立ってもいられずに、それからYouTubeで原曲を聴いてみると、尾崎の歌のエモーショナルさがヤバイ。。。

別にテクニックどうのこうのじゃなくて、とにかく全力で歌っているからめっちゃくちゃ気持ちがいいんですよ!

 

 

思えば、そのむかし洋楽のパンク・エモ・スクリーモを好きになった理由もそれだった。彼らの曲はシンプルだし、何よりエモーショナル。

エモーショナルに歌うってのは、テクニックでなく歌や演奏に感情=エモーションが、これでもかというくらいのっかっているのだ。

 

 

と、言いながらも、、、

 

ぼくは元々、尾崎があんまり好きじゃんかった。

それは、あまりにも有名すぎるし、特におじちゃん連中は口をそろえて「尾崎は偉大だ!あがめるんだ!」みたいなことを言っていたから。

 

 

尾崎を好きなってしまったぼくは、厨二病を脱皮したのだろうか。

というか、おじさんへの道、まっしぐらなのかもしれない……。