まだ東京でコミュ症発揮してんの?

田舎で最強のコミュ力を身につけるまでの話

【Iターン】300万人都市・横浜から180人限界集落・須川に移住した夫婦の話

 

f:id:maeekenn:20170704195947j:plain

安部首相が地方創生元年とぶち上げた2015年から早2年。

 

地方へのヒト・モノ・カネの移動は進んでいるとは言い難いが、

ニュースでも地方が取り上げられることが多くったり、

地域活性系のイベントが各地で開かれるなど、

世間の注目度は少しずつ高まりつつある。

 

そんな昨今の流れが始まる以前に

、いわゆる’’Iターン”と呼ばれる形で

横浜から津和野町のたった’’180人”の集落・須川地区に移住してきた夫婦がいる。

その集落でもほとんどいない完全無農薬の作物を栽培しているMさんという方だ。

 

約13年前に移住してきたMさん夫婦は、

完全無農薬のお米と大豆の栽培、ニワトリ・羊の飼育など、

変な表現にはなるが、ストイックかつ悠々自適な生活を送っている。

 

またM・奥さんは、津和野のレストランにて手料理を振舞ったり、

飼っている羊の羊毛を使用したフェルト作りをしたり、

はたまた数秘術ダウンジング占いをしたりと、

幅広い活動に奔走されている。

 

f:id:maeekenn:20170704195913j:plain

 

そんなMさん夫婦は、意外なことに、

現在精力的に活動している農業やオーガニックな生活への憧れはそもそもは全くなかったのだそう。

 

 

移住したきっかけは、当時の旦那さんの仕事の関係とのこと。

仕事場に近い須川を選んだのは、奥さんが移住先をダウンジングで2回占ったところ、2回とも須川が当たったから。

引越しをされる際に奥さんの意向に従うというのは往々にして聞く話だが、

まさか占いがきっかけで縁も所縁もない180人の集落に住むことになるとは…。

 

そんなことで10年以上前に須川に移住したお二人、

お米栽培は奥さんが最初に始めたそうだが

、移住して3年ほどしてから旦那さんも手伝うようになり、

今では旦那さんが農業のほとんどを担っている。

 

 

都会から田舎への移住に抵抗はなかったのかと伺ったところ

以前、暮らしていた横浜の東戸塚もだいぶ山の中だったから、

田舎暮らしもそんなに苦にならなかった」とのこと。

 

ちなみに、旦那さんが岡山県倉敷市の出身で、奥さんが東京出身。

田舎暮らしや農業に縁も所縁もなかったのだと言う。

 

自分の話になるが、僕は10歳まで神戸市のかなり田舎の方

ーそれこそ田んぼの間を通って学校に通うーところに住んでいたからか、

津和野町というザ・田舎での生活もすぐに慣れた。

 

 

基本的に、東京のど真ん中しか暮らしたことがない人が、

田んぼや畑だらけの田舎に移住するという状況はあまりイメージが浮かばない。

 

田舎暮らし、もしくはそれに近い体験をした人でないと、

自然溢れる環境で生活することは難しい。

 

上述した以上の理由はあるのだろうが、地方から東京への人の流れはまだまだあって、その逆がない理由の一つは、そういった原体験の無さからきているのだと思う。

 

昨今進んでいる森林教育、我が津和野町でも推進されているが、

そういったところで自然に触れる体験をすることが、将来の選択肢の広がりに繋がってくる。

 

 

僕は今日の雨のなか、Mさんの田んぼに入って田車を押したり、

軽トラの荷台に乗ってイノシシの罠が仕掛けてある場所に行ったりしたが、

「生きている」って感じがして中々楽しかった。

 

そう、自然に触れることは楽しい。

 

f:id:maeekenn:20170704195714j:plain

 

 

 

願わくば、今の子供たちにこういった自然の中にある楽しみを享受してもらいたい。

 

まえけん

 

f:id:maeekenn:20170704195842j:plain