まだ東京でコミュ症発揮してんの?

田舎で最強のコミュ力を身につけるまでの話

自分の目的地

自分の目的地。

 

今日、5W1Hでブレストしまくったら、自分はベンチマークとなるおもろい人のところについて行くといことがわかった。

 

行動したいという欲はあるから、まずは何をするにしてもそういう人を見つけていきたい。

 

そして、自分って津和野の町のために何ができるのか。よく考えることだ。

 

僕はこの町のために何ができるのか。

 

この町を愛している人のためにできること。

 

もっと町人と深く繋がりたい。

 

津和野が誇るジビエ・イノシシ肉を食べてきた

イノシシ肉を食べたい方は、ぜひげんごろうへ!!!

 

【尾崎豊】パンク・エモスクリーモに傾倒の10代→尾崎豊にハマりだした20代前半。

 

厨二病まっさかりの学生時代、もちろん好きだったのだが、

「俺はちょっとお前らとはちがうねんで」感を出したいがために、ついつい洋楽とか聴きがちだったぼくです。

 

 

 

やっぱり当時は、モテたいし目立ちたかったんですよ。

 

 

 

そんなんでバンドも組んで、パンク系の「アー」「ギャー」など何語ともつかぬ言語で歌っていたなぁ。

 

それが一転、20代前半も終わりにさしかかっている今日この頃、

尾崎豊にハマってしまったんですよ!!!

 

 

 

キッカケは、別にそんなに好きでもないEXILE・ATSUSHIがテレビが歌っていた『Oh my little』by 尾崎豊。歌い方がキレイすぎ~なんだが……とにかく曲がめっちゃイイ!!

ブラウン管越しに、耳をそばだててしまったのだ。

 

 

いても立ってもいられずに、それからYouTubeで原曲を聴いてみると、尾崎の歌のエモーショナルさがヤバイ。。。

別にテクニックどうのこうのじゃなくて、とにかく全力で歌っているからめっちゃくちゃ気持ちがいいんですよ!

 

 

思えば、そのむかし洋楽のパンク・エモ・スクリーモを好きになった理由もそれだった。彼らの曲はシンプルだし、何よりエモーショナル。

エモーショナルに歌うってのは、テクニックでなく歌や演奏に感情=エモーションが、これでもかというくらいのっかっているのだ。

 

 

と、言いながらも、、、

 

ぼくは元々、尾崎があんまり好きじゃんかった。

それは、あまりにも有名すぎるし、特におじちゃん連中は口をそろえて「尾崎は偉大だ!あがめるんだ!」みたいなことを言っていたから。

 

 

尾崎を好きなってしまったぼくは、厨二病を脱皮したのだろうか。

というか、おじさんへの道、まっしぐらなのかもしれない……。

 

 

【暦占い】信用されるようになる話し方

「おそらく…」

「〜だろう」

「〜かもしれない」

「たぶん…」

 

 

 

これを読んでいるあなたも

 

 

日常であなたも使っているんじゃないだろうか。

 

誰しも、ついつい使ってしまいがちな断定表現である。

 

 

 

最近、小商いとして手相占いをやっているのだが、僕はそういった表現を使ってしまいがちなのだ。

 

言ってしまったあとは、「アー」みたいな何とも言いがたい心の叫びをあげ、ひたすら自己嫌悪に陥るのだ。

 

 

 

そんな今日、ある知り合いの女性で暦占いができる人がいるのだが、その方に僕が帰省をするのに運気が上がる日程を占ってもらった。

 

 

 

ただ日程を占ってもらうだけのつもりだったのだが、、、

 

 

「七赤金星(しちせきこんこう)のあなたは、3日、9日、18日…がいいわね」

 


で終わるはずだったのが、

 

 

 

「あんた自分に甘いところがあるわね」

 

「早起きしないと信頼得られないよ」

 

 

などというすごく耳の痛いことを言われてしまった。事実当たっていると思う。

 

 

 

言われたことが事実かどうかは別にして、彼女の言い方には胸にくる、なんとも言えない説得力があった。

 

 

 

長く暦占いをやっているからこそ自信をもって言えるというのはあるのだろうが、

 

注目したのはその言い方だ。

 

 

 

「あなたは絶対〜になるから」

 

という断定的な言い方によって、言葉に熱がこもって伝わってくる。

 

 

 

「あなたは〜なところがあるね」

 

というちゃんと相手のことをわかっていると伝えることで、自分の自信を指し示している。

 

 

 

 

「〜でないとダメ」

 

否定表現をされると、言われたことが相手の印象に強く残る。

 

 

 

「〜しないと周りは信用しない」

人間関係について言及されると、ついつい耳をそばだてて聞いてしまう。

 

 

 

もちろん自分の自信のあることについて語らないといけないのだが、

 

人と接する上で上記のようなテクニックは相手に信用されるためには

 

とても大切なことだと思う。

 

 

 

「〜だと思う」という表現もどうなのだろう…

 

とか考えるのだが、、、、、

 

 

 

 

 

「相手に信用される言い方でないとダメ

 

と強く言い聞かせる僕であった。

 

 

 

 

 

まえけん

 

 

 

‘‘JK”に大人気!!美味しく盛れる写真アプリ『Foodie』を使ってみた!

 

 

 

  • 企業リンクにクリックしてもらう写真を撮りたい!
  • インスタにオシャレな写真をアップしたいけど上手く盛れない…
  • 美味しそうなランチの写真をSNSにアップしたい!

 

 

 

僕も全く同じような悩みを抱いていました。。

 

が、つい先日、同僚から

「最近のJKはこんなアプリ使ってんねんで〜」とお好み焼きをパシャパシャ撮りながら、アヘ顔しながら紹介されたアプリがあるんです。

 

f:id:maeekenn:20170705134142j:plain

 

 

そう、

 

これが『Foodie』という料理の写真を撮るのに特化(!?)したアプリです (*゚∀゚)ゞデシ

Foodie(フーディー) - 食べ物の撮影に特化したカメラアプリ
Foodie(フーディー) - 食べ物の撮影に特化したカメラアプリ
無料
posted with アプリーチ

 

f:id:maeekenn:20170705134223j:plain

 

すごくないですか…?

 

ホロホロ肉は、ただ見ているだけでもヨダレが溢れてしまいそうですd(゚∀゚*)ネッ

 

 

 

ただこのアプリ、料理以外にだって実用できるんです。

 

例えば、

 

 

 

 【Before】

 f:id:maeekenn:20170705140217j:plain

 

【After】

f:id:maeekenn:20170705140210j:plain

 

 

 

少し彩度が高いモードを使用してみたのですが、

 

野菜・風景のフレッシュさが全く違いますよね!!

 

 

 

さらに別のモードを使ってみると、

 

 

【Before】 

f:id:maeekenn:20170705140225j:plain

 

 【After】

f:id:maeekenn:20170705140147j:plain

 

 

フレッシュさに加えて、みずみずしさ・透明感が新たに加わりましたーーー*1

 

 

でも、

インスタみたいな感じで、加工とかめんどくさいんじゃないの…?

 

 

と思われるかもしれないですが、、、

 

 

f:id:maeekenn:20170705134157j:plain

f:id:maeekenn:20170705134201j:plain

 

 

写真のように、ただ色んなモードをスクロールして、気にいったモードの写真を保存するだけなんです!!!

 

所用時間はものの1分あるかないかです!つまり、手間もほとんどかからないんです!

 

 

 

さてさて、最後に『Foodile』のメリットをまとめると、

 

  • そそられる料理写真を撮れる
  • 料理であろうとなかろうと、フレッシュな写真への加工が可能
  • 加工が死ぬほど簡単、手間いらず
  • ‘‘JK”の間で流行っているアプリを使っていることにより得られる周りからの羨望の眼差し✨

 

ちなみに、JKは風景写真を撮るのに『Foodile』を使用していたそうです。女子高生、恐るべし……。

 

 

デメリットとして挙げるとしたら、インスタほど細かい加工ができないことぐらいでしょうか…。

 

といっても、画像のモードを変えられることに加えて、明るさやチルトシフトといった加工をすることもできます。

 

 

僕はめっちゃくちゃ写真にこだわる人でもないので、オシャレに撮れてるしこれくらいの加工機能で十分許せちゃいますw

 

 

 

これからも料理写真を中心に、JKみたく風景写真も『Foodie』を使ってパシャパシャ撮っていきたいと思います!!

 

 

  • 手間をかけずにオシャレな写真を撮りたい!
  • いちいちカメラで写真を撮るのはめんどくさい!
  • とにかくフレッシュな写真を撮りたい!
  • JKの文化に触れたい

などの欲求がある人は、ぜひダウンロードして使ってみてください!

 

 

▼今のところは無料でダウンロード可能です(2017年7月時点)

Foodie(フーディー) - 食べ物の撮影に特化したカメラアプリ
Foodie(フーディー) - 食べ物の撮影に特化したカメラアプリ
無料
posted with アプリーチ

 

 

 

 

 

まえけん 

 

 

 

*1:p'∀'q

【Iターン】300万人都市・横浜から180人限界集落・須川に移住した夫婦の話

 

f:id:maeekenn:20170704195947j:plain

安部首相が地方創生元年とぶち上げた2015年から早2年。

 

地方へのヒト・モノ・カネの移動は進んでいるとは言い難いが、

ニュースでも地方が取り上げられることが多くったり、

地域活性系のイベントが各地で開かれるなど、

世間の注目度は少しずつ高まりつつある。

 

そんな昨今の流れが始まる以前に

、いわゆる’’Iターン”と呼ばれる形で

横浜から津和野町のたった’’180人”の集落・須川地区に移住してきた夫婦がいる。

その集落でもほとんどいない完全無農薬の作物を栽培しているMさんという方だ。

 

約13年前に移住してきたMさん夫婦は、

完全無農薬のお米と大豆の栽培、ニワトリ・羊の飼育など、

変な表現にはなるが、ストイックかつ悠々自適な生活を送っている。

 

またM・奥さんは、津和野のレストランにて手料理を振舞ったり、

飼っている羊の羊毛を使用したフェルト作りをしたり、

はたまた数秘術ダウンジング占いをしたりと、

幅広い活動に奔走されている。

 

f:id:maeekenn:20170704195913j:plain

 

そんなMさん夫婦は、意外なことに、

現在精力的に活動している農業やオーガニックな生活への憧れはそもそもは全くなかったのだそう。

 

 

移住したきっかけは、当時の旦那さんの仕事の関係とのこと。

仕事場に近い須川を選んだのは、奥さんが移住先をダウンジングで2回占ったところ、2回とも須川が当たったから。

引越しをされる際に奥さんの意向に従うというのは往々にして聞く話だが、

まさか占いがきっかけで縁も所縁もない180人の集落に住むことになるとは…。

 

そんなことで10年以上前に須川に移住したお二人、

お米栽培は奥さんが最初に始めたそうだが

、移住して3年ほどしてから旦那さんも手伝うようになり、

今では旦那さんが農業のほとんどを担っている。

 

 

都会から田舎への移住に抵抗はなかったのかと伺ったところ

以前、暮らしていた横浜の東戸塚もだいぶ山の中だったから、

田舎暮らしもそんなに苦にならなかった」とのこと。

 

ちなみに、旦那さんが岡山県倉敷市の出身で、奥さんが東京出身。

田舎暮らしや農業に縁も所縁もなかったのだと言う。

 

自分の話になるが、僕は10歳まで神戸市のかなり田舎の方

ーそれこそ田んぼの間を通って学校に通うーところに住んでいたからか、

津和野町というザ・田舎での生活もすぐに慣れた。

 

 

基本的に、東京のど真ん中しか暮らしたことがない人が、

田んぼや畑だらけの田舎に移住するという状況はあまりイメージが浮かばない。

 

田舎暮らし、もしくはそれに近い体験をした人でないと、

自然溢れる環境で生活することは難しい。

 

上述した以上の理由はあるのだろうが、地方から東京への人の流れはまだまだあって、その逆がない理由の一つは、そういった原体験の無さからきているのだと思う。

 

昨今進んでいる森林教育、我が津和野町でも推進されているが、

そういったところで自然に触れる体験をすることが、将来の選択肢の広がりに繋がってくる。

 

 

僕は今日の雨のなか、Mさんの田んぼに入って田車を押したり、

軽トラの荷台に乗ってイノシシの罠が仕掛けてある場所に行ったりしたが、

「生きている」って感じがして中々楽しかった。

 

そう、自然に触れることは楽しい。

 

f:id:maeekenn:20170704195714j:plain

 

 

 

願わくば、今の子供たちにこういった自然の中にある楽しみを享受してもらいたい。

 

まえけん

 

f:id:maeekenn:20170704195842j:plain

【オーラ】黒いオーラを持つ人

 

 

昨日、津和野町のある神社にて手相の小商いをしていたのだが、そこの宮司さんの奥さんから、少し注意を受けた。

全く怒られた訳ではないのだが、不特定多数の人と関わる上で気をつけるべきことがあるのだと言う。

 

「黒いオーラの人に会った時は気をつけなさいよ」

奥さんは言った。

僕は全くオーラが見える人ではなければ、そういった人に会った時の気をつけ方ももちろんわからない。

 

奥さんはオーラが見える人らしいので詳しい話を聞いてみると、心に卑しい部分ー恨み・妬み・嫉妬の心がある人は、オーラが黒くなるらしい。

 そういった人は時々神社にいるそうなのだが、奥さんはそういった人を見かけた場合、できるだけ会わないように隠れるそうだ。というのも、そのオーラを持った人と関わってしまうと、自分のその気が移るからなのだという。

 

けどそういう人の見分け方って……と僕は思う。仮になんとなくわかったとしても、対処の仕方がわからない。

 

そのことも奥さんに聞いたら

「お風呂に入る時に、湯船に塩まいてから入ったらいいよ」

そうすると身体の汚れも落とされるらしい。

やはり塩、、万能だ。

 

 

僕は結構スピ系が好きなので、そういったことをできるだけ実践しようとする。が、こればっかりは…

自宅のカビだらけの湯船を見てそう思うのであった。